ARNOLD/アーノルト

ARNOLD(アーノルト)のNゲージ VT08.5形ディーゼルカー等を買取頂きました!

ARNOLD(アーノルト)のNゲージ VT08.5形ディーゼルカー等を買取頂きました!

今回はドイツの鉄道模型メーカーであるアーノルトのNゲージのご紹介です! アーノルトと言えばNゲージの共通規格となっているアーノルトカプラーでもおなじみです。買取させていただいた内容も、ドイツの鉄道車両がたっぷりの重厚ラインナップでした。

今回はこの中から「ARNOLD Nゲージ DB VT08.5形 ワールドカップ列車 1954 HN2000」をご紹介させて頂きます。

ARNOLD Nゲージ DB VT08.5形 ワールドカップ列車 1954 HN2000

すっきりとした近代的な流線型ボディですが、その製造は1950年代と東西冷戦の真っ只中というなかなかに歴史を感じさせる車両です。

なだらかな曲線が優しげな印象を受ける車両で、DBことドイツ連邦鉄道が製造したディーゼル機関車です。後発でTEEなどでも活躍したVT11.5型などと比べると知名度的には劣りますが、パッケージからも分かるように、ドイツサッカー史にも関わりのある意義深い車両なのです。

ARNOLD Nゲージ DB VT08.5形 ワールドカップ列車 1954のフェイス

まるっとしたフェイスから始まる車体は、小豆色をベースに金ラインが引かれた落ち着きのあるデザインで、シンプルながら見ていて飽きのこない味わい深さを感じさせてくれます。ドイツ映画である『ベルンの奇蹟』にもラストで登場しました。

ARNOLD Nゲージ DB VT08.5形 ワールドカップ列車 1954の動力車

映画の題材にもなり、パッケージにもある1954年。その年、西ドイツはスイスにおける第5回サッカーワールドカップにて初優勝。その代表団をスイスまで迎えに行ったのが、このVT08.5の特別仕様です。このセットはその時のワールドカップ車両を再現したものです。

ARNOLD Nゲージ DB VT08.5形 ワールドカップ列車 1954の客車

コンパートメントである二両目に書かれたFUSSBALL WELTMEISTER 1954の文字。世界王者となった選手団を乗せたVR08.5は、行く先々で西ドイツ国民の大歓声に迎えられたそうです。

ARNOLD Nゲージ DB VT08.5形 ワールドカップ列車 1954セット内容

映画では、ラスト付近での登場となりました。リースで飾られ観衆で埋め尽くされた駅に入ってくるシーンが印象深いですね。そこからラストシーンの茜色に染まった空に向かって走る姿と、流れていくFUSSBALL WELTMEISTER 1954。VR08.5は、そんなドイツサッカー界の伝説的偉業を飾る車両であると言えるでしょう。

外国製の鉄道模型買取もお任せ下さい!

今回ご紹介させて頂いたアーノルトの鉄道模型はもちろん、メルクリンやFLEISCHMANNなど外国製の鉄道車両もお任せ下さい。大切なコレクションを1点ずつ丁寧に査定させて頂きます。またケースのない車両や動かない車両も全て買取させて頂きます。

その他にも事前に買取価格をお知らせ可能な「無料査定」や、梱包資材を無料でお送りする「無料買取キット」などもご用意しております。安心してご利用頂けるようにフルサポートさせて頂きますので、ぜひお気軽にご相談下さいませ。

鉄道模型の買取TOPへ

LINEで送る
Pocket